2018年11月07日

まだ痛みが残っていたみたい

LSD
距離:2km
時間:16分
状態:右脚の脹脛
コース:サイクリングロード

さーて今日からまた地道に走って
来年のマラソン大会で自己ベストを更新できるよう
コツコツと努力しますかね

アキレス腱の痛みと喘息の症状のせいで
一ヶ月くらいはいつもの長距離を走れていなかったことに
サイクリングロードを走ってみた今日になって気付かされた

痛みや苦しさが無く普通に走れていた時期から
しっかり寒さを感じる秋に季節は変わっていた

DSC_0444

季節の移り変わりを実感できていないくらい
長い期間走れていなかったにも関わらず
ハーフとフルマラソンの大会で無理して走っていたことに
今更になって少々驚いた

どちらも自己ベストを更新できなくても
当然だし必然だったのだろう

さてレースから4日も経って例え病み上がりでも
何キロかは走れるだろうと高をくくって走り出してみたら
すぐに右のアキレス腱から脹脛の辺りまで痛みを感じた

このまま我慢して走っていても
痛みは消えそうもなくたったの2kmで中止

もうしばらくは痛みが消えるまで大人しくしてよう
まだ喘息の症状も治まっているわけじゃないし
今は走らないで安静にしてなさいということなんだろう


2018年11月03日

不甲斐ない走りだったがセカンドベスト

レース
距離:42.195km
時間:3時間32分27秒
ペース:5分2秒/km
状態:両脹脛に痛み
コース:河川敷コース

今シーズン最後のレースで
今年は最初で最後のフルマラソンで
初めて参加するレースということで
わざわざ300kmも遠出してきて
気合が入らないワケはない

10月に出場するはずだったフルマラソンの大会が
珍しく台風襲来のためまさかのお流れになり
急遽エントリーして今日という日を迎えた

しかし2,3週前からどうしたことか喘息に罹ってしまい
ステロイドの吸引剤の助けを借りて
どうにかスタートラインに立った

こんなアクシデントが起こってしまったものの
雲ひとつ無い満天の青空に自己ベストを出せると
自信というか確信というかそうな気持ちになった

DSC_0427

前夜は寒くて小型の湯たんぽを抱きながら
いつもの道の駅で車中泊したら霜が降りていた
どうりで寒いわけだ

DSC_0429

冬は雪や氷だらけになるので内地とは違ってオフシーズン
ゆえに今時期はマラソンには最適だと思う

DSC_0438

この大会はペースメーカーが走ってくれて
各目標タイムごとにランナーたちがスタートラインに並んだ

自己ベストを切るためにラップタイム4分30秒の
プラカードの列に並んでみた

一周10kmのコースを4周ほど周回して
最後に残りの2.195kmを走る大会で
コース上にはトップ集団を走るランナーから
中団のランナーやら最後尾のランナーまで
一緒くたになってごちゃごちゃに走る

スタートして最初の一周目は目論見通りに
4分30秒のペースメーカーが引っ張る集団の中で快調に走れた

最後までこのペースで走り続けることは無理でも
どうにか喰らいついていこうと心を強く持った

ところが2周目を走っているとタイミング悪く
喘息による咳がこみ上げてきて何度か咳き込んでしまった

すると呼吸が苦しくなりズルズルと
4分30秒の集団から離されてしまった

それでもペースメーカーが頭につけた緑色の風船を追った
風船が遠く離れて小さくなっても心折れずに追った

そのお陰でハーフの通過タイムは
先週出場したハーフマラソンのタイムと同じくらい

まだまだいけるぞ
少々呼吸が辛くても残り半分も走れるはず
今年はこれまでで一番長い距離を走ってきたのだから
喘息ごときには負けるはずがない

3週目を走っている頃には
ペースメーカーからは引き離されてしまったが
折り返してきたのでペースメーカーと共に走る
4分30秒の集団とすれ違った

自分もそれなりに辛いがみんなも辛そうな表情が見られて
もうひと頑張り出来そうな気持ちになった

自分より早く走っているのに
遥かにしんどそうなランナーも何人も視界に入ってきた

彼ら彼女らには負けても自分には負けたくない
自己ベストを記録した4年前の自分にどにかして勝ちたい

そして30kmの通過タイムは
今夏の30kmマラソン大会の記録よりも1分以上早かった
このペースで走ってこれたのなら自己ベストは更新できると思った

なのに30km前後からラップタイムが5分を切れなくなり
38km地点からは更に落ちて6分を超えるようになってしまった

何だかヤバイかもと体の異変を感じ始めたと同時に
下半身にズシリと重い痛みを感じ
気づけば両脚が上げづらくなっていた

去年のフルマラソンの悪夢が蘇ってきた
攣ってしまいレース途中でストレッチするなどして
歩いてしまったんじゃなかったか

あのときの泣きたくなるほど悔しい思いをしたくなくて
心ひそかに闘志を燃やしてこの一年間
頑張ったんじゃなかったのか

悔しくて悔しくて歩くのだけは勘弁してくれと
ただそれだけの気持ちで左脚右脚を前へ前へと出した

どうにか4周を走り切り最後の2kmに突入したものの
既にロクに走れているような状況ではなく
まだ10kmの距離をもう一周走らねばならない
後方を走るランナーよりも遅いペースまで落ちてしまった

ウルトラマラソンの残り10kmのときのように
走っているんだか歩いているんだか
傍目には分からないくらいのスローなペースだった

思うように足を運べない
っていうか足が全然動かない

なんでこんなことになってしまったのか
情けなくて悔しくて残念で仕方なかった

そしてほぼほぼ歩いているスピードでゴールした

途端激しい咳が連発してしまい
しばらくまともに息ができなかった

呼吸が落ち着いてくるとゴールタイムが確認できた
おそらくセカンドベストだろうことは分かった

自己ベストに次ぐタイムなのに全然嬉しくなくて
ゴール後の豚汁も支給されたお餅もなんの慰めにもならなかった

普段のレース後なら有り難く頂いているのに
美味しいという味覚が感じられない

心置きなく目一杯走れてさえいれば心臓はバクバクし
呼吸はゼーゼーいってかなり走った感があるのに
心肺機能を司る器官ががあんまり疲れていない

心臓も肺もまだまだいける状態なのに
下半身の特に脹脛からの痛みが激しくて歩くのもままならない

脹脛の痛みをひたすら我慢して走ったのが原因なのか
レース直前の食事が少なかったのか
終盤はスタミナ切れを起こしたように力が走らなかったようにも感じた

レース中にも何でこうなってしまったのかを考えたし
ゴールしてから夜に寝付くまでも考えた

原因の一つ目はペース配分を間違えたこと
前半が早すぎてしまった上に
後半は気持ちでどうにかなると
自分を過大評価してしまった

前半こそペースを落として
慎重に走らねばならなかった

二つ目は履いていたシューズが
上級者向けの薄底シューズだったので
自分の脚力には力不足だったのではないか

身の丈に合ったシューズを履くべきだったし
もしかしたら来年は乗り気じゃないが
厚底シューズで自己ベストを狙うことを
まじめに考えるかもしれない

三つ目は起床してからレース直前までの炭水化物の摂る量が
フルマラソンを走り切るには少し不足していたかもしれない

先週のハーフマラソンでは餅4個と雑穀米を一杯と
味噌汁一杯とバナナ一本でお腹いっぱいになり
レース中に食べ過ぎた感じがした

そこでフルマラソンでは満腹感を感じたまま走るのが不安で
餅4個と半生菓子一袋とバナナ二本だけで止めたのが
多分いけなかったのだと思う

食欲が多少無くてももう少しだけでも
胃袋に流し込んで3時間半という時間を
走り続けるスタミナを確保すべきだった

今回のレースは遠出して前泊しないとならないから
今回だけのつもりでエントリーしたのだけれど
ペースメーカーが走ってくれるし参加人数も多くないし
こんな恵まれたレースはそうそう無いということもあって
来年もタイミングが合えばリベンジの意味もって
参加してみようかなぁーと思っている

DSC_0440

脹脛の痛みはきっと単なる筋肉痛だろうし
喘息もそのうちきっと軽くなって治まるはずなので
次の休日にはまた地道にランニングに勤しもうと思っている


2018年10月28日

アキレス腱の痛みと風邪と咳で自己ベスト更新ならず

レース
距離:21.0975km
時間:1時間37分31秒
ペース:4分35秒/km
状態:特になし
コース:市街地コース

左のアキレス腱を痛めてしまってから
交互浴や湿布を貼って安静にしているしかなくて
とうとうレース当日まで10日ほど満足に走れなかった

さらに痛めた頃と時を同じくして風邪を引いてしまい
頭痛や鼻水や咳が酷くてロクに体を動かせられなかった

レース前日にはアキレス腱の痛みが
かなり軽くなっていたように感じて走りたかったのに
風邪による咳が治まっていなくて走れなかった

雨も降っていてどちらにしても走れなかったと思う
よって前日になってもレースで走るためのスイッチを
体に入れられずにレースを迎えることになってしまった

咳き込み具合が尋常じゃなくなってきて
レース前夜にドラッグストアで漢方薬を購入して
咳を何とか抑えようとした

その漢方薬を直前に飲んだ上で龍角散も飲んだりして
胸からこみ上げてくるような咳を止めたかった

多分風邪による咳じゃなくて
気管支炎による咳なんだろうなー
だからステロイド吸引剤じゃないと治まらないと思う
6日後のフルマラソンまで医者にかかる時間ないなぁー。。。

6日後よりも取り敢えず目先のレースに集中すべく
スタートラインに立ったものの
少し前にトイレに行ったにも関わらず
ゴールするまで我慢できそうもない尿意を催してきた

ペース良く走れていても常に我慢して走り続けることに
体が耐えられなくなりとうとう簡易トイレに駆け込んだら
1分弱のロスをしてしまった

その後は漢方薬の効用なのか分からないが
気管が狭まって苦しいのが徐々に和らいでいった

しかし風邪自体が完治していないことと
ここ数日の咳込みによって睡眠不足で体力が残っていなくて
レースの苦しさに耐えられる体力がどこにもなかった

つまり踏ん張るためのここぞのときの力が入らない
病み上がりで寝込んでいた布団から起き出したばっかりな
鈍重な感覚がいつまでも消えない

そして気管は拡がって通常通りなのに
横隔膜がヘタっているのか空気を沢山吸おうとしているのに吸えない

少ない空気でどうにかこうにか走り続けるだけで精一杯
距離を刻む毎にラップタイムを確認するが
自己ベストを更新できるようなタイムが出せない

どんだけ歯を食いしばっても心を強く持っても
どうにもペースアップ出来ない

フルマラソンならこんなペースでも自己ベストの更新になるが
今年出したハーフの自己ベストには程遠い

ここは切り替えてせめてこのレースの
去年の記録より早くゴールしよう

一生懸命に頑張った
自分なりに頑張った
風邪が治り切っていないのに頑張った
咳き込んでいるのに頑張った
アキレス腱を庇いながら左脚が攣りそうになっていても
それでも頑張った

とにかく今の体調で今の体力にしては
とっても頑張ったと思う
去年の同レースのタイムより1分近く遅かったけれど
まんまトイレでロスってしまった分じゃねぇ!?

DSC_0416

レース後はいつも温泉施設とかで体のケアをするのに
今回はシャワーだけにして帰途についたら
車から出ようとしたら下半身の特に膝周りが固まってしまい
ウルトラマラソン後のようにとんでもない痛みで
しばらく運転席から出られなかった

次回からレース後はなるべく早めに入浴して
ストレッチとかしたり筋肉を冷やしてケアしないとダメだね

さてはて6日後のフルマラソンはどうなるんだろう?

ハーフでさえダメダメだったのに
フルマラソンだともっと走れなさそう。。。


2018年10月21日

アキレス腱の痛み消えず、ヤバイんじゃねぇ?

LSD
距離:1km
時間:7分
状態:左足のアキレス腱に違和感
コース:サイクリングロード

先日から左足のアキレス腱の違和感が消えずにあるものの
日常生活を送るにはそんなに問題はなかった

ただ作業上は体を常に動かしていることもあり
完全に安静にしているワケにいかず
庇いながら無理をしないようには過ごしていた

朝練も夕練も控えて小走りすることもせず
入浴時には交互浴をしたり患部を冷やしたり温めたりして
血行を良くすれば快方に向かうだろうと思っていた

比較的安静にしていたから休日である今日は
LSD走で長距離をゆっくり走るか
インターバル走であるスピード練習をやる気満々でいた

なのに走り初めて300mでアキレス腱が気になり始め
500mしか走っていないのに違和感が出てきて
そのまま走り続ければ痛みに発展するだろうとはっきり分かった

悔しいけれどたったの1kmでランニングを中断した
こんな短距離で中断したことってあっただろうか?

これは困った
何故ならハーフマラソンの大会は一週間後だし
さらに厳しいフルマラソンの大会は二週間後

この2つのレースをどうするか?

ハーフマラソンまで安静にしてレース当日を迎えるか
ちょっとでも走ってみて具合を確認するか

フルマラソンだけを考えてハーフマラソンをキャンセル
ひたすら負荷を与えないように2週間も安静にし続けるか

ハーフとフルのレース時のみガチで走ることにして
日々のランニングは一切しないことにするか

他にも幾つかの選択肢があって
痛み具合を見ながら判断するしかないかなー

こういう怪我をしないために他のランナーとは違って
ひたすらLSD走ばかりに終始し
スピード練習をほぼほぼしてこなかったことを
すっかり忘れていた

スピード練習だとLSD走よりも練習時間が短くて
限られた時間を有効に使えるかもと

どうしてもしてみたければLSD走の最中にちょっとだけの
インターバル走を取り入れれば
怪我をしないで済んだのかもしれない
全快したらそうしてみよう

今はとにかく絶対安静にしてアキレス腱に
力が掛からないような生活を送ろう

そして万全の状態でハーフあるいはフルマラソンを走り抜こう


2018年10月18日

アキレス腱が痛いなぁー

インターバル走
距離:7km
時間:38分
状態:左足のアキレス腱に痛み
コース:サイクリングロード

眠い目をこすりながら外に出てみると
外気温はなんと0℃!
しっかり霜が降りていて辺り一面が白くなっていた

DSC_0405

半分寝ぼけているから防寒のことを考えること無く
入りだしてしまった

程なくして空気がかなり冷たく
あっという間に手が凍えて動かなくなった

DSC_0403

日が昇り始めで空気が澄んでいて引き返すのが惜しく
それに面倒だしそのまま走り続けることにして
インターバル走をしていたら
昨日痛めた左足のアキレス腱が違和感から
はっきりと分かるくらいの痛みを感じるようになってしまった

速いペースを2回やり終えたところで
残りはJOGに切り替えて負荷の掛からないように走るも
痛みは治まらなかった

明日以降は様子見することにして
インターバル走じゃなくてフラットなペースで走ってみて
痛みが出ちゃうか出ないかを試してみよう


自己ベスト
10km 0:43:46(2018年)
1/3(14km) 1:01:19(2018年)
ハーフ(21km) 1:33:49(2018年)
30km 2:21:43(2018年)
フル(42km) 3:26:26(2014年)
100km 12:39:06(2016年)
総走行距離②(km)
2018年 2017年 2016年
1月 314 72 54
2月 450 91 251
3月 500 178 208
4月 553 111 128
5月 331 160 115
6月 257 138 184
7月 243 171 137
8月 149 61 142
9月 276 155 39
10月 0 104 139
11月 0 127 66
12月 0 33 89
合計 3073 1401 1552
総走行距離①(km)
2015年 2014年 2013年
1月 416 128 231
2月 301 33 191
3月 204 95 222
4月 103 136 228
5月 105 411 130
6月 203 329 357
7月 41 206 264
8月 108 78 57
9月 22 100 121
10月 33 116 154
11月 0 207 287
12月 21 391 163
合計 1557 2231 2405
ギャラリー
  • まだ痛みが残っていたみたい
  • 不甲斐ない走りだったがセカンドベスト
  • 不甲斐ない走りだったがセカンドベスト
  • 不甲斐ない走りだったがセカンドベスト
  • 不甲斐ない走りだったがセカンドベスト
  • アキレス腱の痛みと風邪と咳で自己ベスト更新ならず
  • アキレス腱が痛いなぁー
  • アキレス腱が痛いなぁー
  • 鼻水ダダ漏れニモ負ケズ