2019年11月17日

最低ノルマはハーフでどうでしょう

LSD
距離:24km
時間:2時間28分
状態:特になし
コース:サイクリングロード

昨日は歩くだけで走れなかったから
今日は最低でもハーフの距離を走りたい

ポケ活をそこそこにして
さっさとサイクリングロードに入った

昨日よりはマシな感じの強風と寒さに耐えながら
どうにかハーフの距離に到達

ゴールするまで多少の寄り道をしつつ
24kmまで距離を伸ばして完走

明日は雨の予報で全く走れないかと思っていたら
どうやら昼からの降雨になりそうで
もしかしたら朝イチで走ってこれそう


2019年11月16日

秋なのに冬並みに寒いんですけぉー。。。

ウォーキング
距離:5km
時間:30分
状態:特になし
コース:市街地

朝イチで2,30kmのランニングをする予定で
気合い入れて昨夜、寝入ったのに
浅い眠りで2度3度と目が覚めてしまった

そのせいで冬タイヤにタイヤ交換するだけで
午前中の大半を費やしてしまった

真っ昼間のポケ活で5kmをちんたら歩いて
今日のランニングは終わり

ちょっと小走りすると
とっても早く走れそうなくらい体が軽く感じた

強風で冬のように寒くて
体力を奪われなければ
夕方にでもサクサクっと走ったろうなぁー

明日は走れたらイイなぁー
っていうか絶対に走らねば!


2019年11月11日

まだ秋なのに外気温が低すぎて引き返した

LSD
距離:5km
時間:30分
状態:特になし
コース:市街地

早朝の4時に目が覚めてしまい
2度寝しようにも半端な時間帯で
思い切って起き出して走ることに

外は真っ暗で普通に夜な感じで
外気温は零下っぽい

案の定やっぱり寒すぎて
体や手先はどうにかなっても
足先がガチガチに冷たくなって
感覚がなくなってしまった

まだ夜が明けてもいない内に
敢え無く5kmで退散する羽目に

冬の格好で走らねばならなかったなぁー


2019年11月10日

初めて訪れた公園を再訪してみようと思う

LSD
距離:15km
時間:1時間35分
状態:特になし
コース:湖の周回

夏に走って以来の湖に来てみたら
すっかり秋の気配が漂っていた

しかも空気がかなり冷たいから
手袋を持ち込んでいない無防備な手は
アッという間に悴んでしまった

湖を2周と少しで10kmに到達するから
2周をノルマとして走ることにした

途中で住宅街の中に高校や短大が
2,3ある地域を走ってみたら
ぐるりと一周するとアップダウンがあって
もし近所に住んでいたら短距離の
ランニングコースになりえそうな公園を見つけた

サイクリングロードの近くに居を構えるのも良いが
パークゴルフ場が整備されているような広さがあり
アップダウンがある公園の近くもイイねー

湖の周回からそれて公園の周りを走ったお陰で
湖は1周半するだけで合計15kmを完走

またいつかこの公園の周りを走ってみたいなー

冬でも走るのに適してそうだから
いつか再び来てみようと思う


2019年11月03日

防寒対策に失敗しても自己ベストの更新に成功

レース
距離:42.195km
時間:3時間13分11秒
ペース:4分35秒/km
状態:左足裏に攣り
コース:河川敷コース

前乗りしていた車中で
夜が明ける前に目が覚めると
素早く身支度を整え
大会会場に向かえば良かったのに
ついついポケ活をしてしまった

後になって思い返してみたら
このことがレースの結果を
左右してしまったかもしれないと思った

会場に向かう前にトイレに籠もるが
大の方が全く出る様子がなく
諦めて会場に向かうことになった

このまま出ずに3時間以上も走っていたら
途中でトイレに行きたくなることは必至

いつもの日常ならコーヒー一杯で
腸が刺激されて難なく出てくれるのに
コーヒーを飲むと小が近くなるから
今日ばかりは飲むわけにいかない

現地に着いたら去年は停められた駐車場は
既に満車になっていて道路を挟んだ反対側に
あえなく誘導されてしまった

つまり受付が遠くなってしまった
ツイてないや、、、
こんなことになってしまわないように
早寝早起きをした筈だったのにと
今日のレースは上手くいくのか
ちょっと不安になった

まずはさっさと受付を済ませて
レース前の食事を摂ることにした

着替えながらゼッケンを取り付けて
寒さ対策のためのアンダーウェアを
レース用のウェアの下に着込むかどうか悩んだ

悩みつつ朝ご飯を胃に投入していった

2本のバナナ
2個の大福
1個のオニギリ

多少お腹が膨れてしまっても
3時間もの長丁場なのだから全然平気

確か去年のレースでは終盤でスタミナが切れて
どうにもならなくなってしまった記憶が浮かんだ
その対策としてレース前にしっかり食べとこうと

会場に着く前にコンビニでもう1つ2つオニギリを
買っとこうと考えていたのにトイレのことが
心配になってしまいそれどころじゃなかった

開始30分前になってようやく
トイレで用を足す事には成功したものの
あまりすっきり感は感じることが出来ず
時間がないからスタート地点に並ばざる負えなかった

そのときになって起床してから
スタート地点に立つまでに
ろくなストレッチをしていないことに気づいてしまった

スタート地点で靴ひもをしっかり結ぶだけで
あっという間に時間が来てしまい
体の方はもちろんのこと
心の準備の方も満足に出来ずに
スタートの合図が鳴ってしまった

走り始めは気温自体は低くても
そんなに風が強くはなくてアンダーウェアを
手荷物として預けたことを何ら後悔はしていなくて
むしろ置いてきたことを正解だと思いながら
序盤は快調に走ることが出来た

ラップタイムが4分30秒で
ゴールタイムが3時間と10分切りを目指す
心強いペースメーカーの2人が引き連れる
集団のなかにいた

この大会は同じところを4周して
最後に少しコースの中を走ってゴールする

最初の数キロは何にも問題が無くて
むしろもう少しペースアップしても
付いていけそうなくらい心身ともに余裕があった

このまま走り切れば自己ベストを
難なく更新できそうだと楽観的に考えていた

ところが早くも一周目でトイレに行きたくなってしまった

ランニング中に空気が冷たいと
鼻水はダラダラ流れてくるし
トイレも異常に近くなる症状が出てしまう

そんないつもの症状がレース中だっていうのに
普通に現れてしまった

くよくよしてもしょうがない
1周目が終わり2周目に入って早々
トイレに駆け込んで30秒をロスした

まだこの時は自分さえペースを上げれば
いつかは4分30秒ペースの集団に追いつけると
自分を信じて疑わなかった

しかし自分が走れるペースの
最大の速さということなのか

集団が視界に入っていていつでも追い付けそうで
もう少しだっていうのになかなか追い付かない

集団について行けなくて
こぼれ落ちてくるランナー達を一人二人と
追い抜くことは出来ているのに
集団にだけはどうしても追い付けない

どうにかしないとと考えている内に
さっきまで弱めの風だったのに
気づけば強く全身を吹き付けて障害となっていた

こうなってしまうと風除けが無い状態で
ひたすら単独で走っている身とあっては
風除けにペースメーカーや他ランナーを使える
集団の中で対策ばっちりなランナー達とは
どうしようもなく列記とした差ができてしまった

歯を食いしばり離されないように
少しでも早く前に足を運ぼうとする
ひたすら我慢の時間が続いた

いつか追い付く

それだけ信じて走っていたのに
再びトイレに行きたくなってしまった

そしてこの尿意の具合は絶対に最後まで
もたないことを確信した

あまり我慢せず足掻こうとせず
観念してトイレに飛び込んだ

これでトイレのロスは合計で
1分にもなってしまった

しかしまだ視界の先には集団の先頭を走る
ペースメーカーの黄色い風船が2つ
小さくなりながらも確かに見えていた

2回めのトイレは既に4周目に入っていて
おそらく33km地点くらい

最初のトイレから1時間以上経っていることから
有り得る症状ではあるが寒さに弱い体質は
ホントにどうにかならないのだろうか?

だからこそアンダーウェアを着とけば良かったのに
念を押して起床してからの水分を極力減らせば良かったのに

後の祭りとはこういうことを言うのだろう

自分以外の他のランナーなんて
みんな首には汗を掻いていて
太陽に光でテカっているくらいなのに
自分は殆ど汗を掻いていなかった

それどころか両手とも肘から先は冷たく
おでこに当てると冷たくて気持ちいいくらい

フルマラソンをガチで走っているのに
寒く感じるなんて明らかにウェアの選択を
思いっきり間違えたとしか言いようがない

暑さを感じないから給水なんて
周りのランナーより摂らなくて良くなっていて
おそらく半分くらいしか摂らなかったんじゃないかな

何だか水分補給をしなくても
水分が欲しいという感覚が無かった

そしてとうとう36km過ぎで
左足裏に攣りの症状が出てきてしまった
これまでにもこの症状は何度も出ている

夏の30kmマラソンで
一番酷かったんじゃなかったかな?

30kmを自己ベストを更新した
あのときより今回のフルマラソンでの
30km地点のタイムが5分も速いことに
ゴール後にタイムを確認して驚いた

さて無理すれば攣ってしまいそうになると
騙し騙し走るしかないし
もう前を行く集団は見えなくなっていた

それでもめげずに集団からこぼれ落ちてきた
女性ランナーの背中を追い続けた

このランナーを一度は抜いたものの
攣りでペースダウンでした辺りで抜かれてしまった

どうにか4周を走り終え
最後の2kmはコースをくねくねと辿った

全然ペースが上げられず
前を走るのはここまでの数キロを
追ってきた女性ランナーと
この最終盤で追い付けそうな
男性ランナー2人の計3人

足裏が完全に攣らないように
庇いながらの走りでどうにかこうにか
走り続けているような状態で
ゴール手前でこの内の一人を抜いて
どうにかゴール!

終盤は3回目のトイレもかなり我慢していたから
ゴールした勢いのままトイレに突入していった

明らかに失敗レースだったと思い
ここまでGPSウォッチを見ずに走ってきた

恐る恐る完走証を受け取ってゴールタイムを確認すると
10月に更新ばかりの自己ベストを
1分以上も更新していた!

まじかよ~!!

もし2回のトイレでのロスや
集団に付いていってその恩恵を受けて
強風に煽られながら走らないで済んでいれば
もっと早くゴールできたということか

ゆえに悔しさ半分に嬉しさ半分
といった感想かな

来年は3時間10分切りを目指してみようか
それともそろそろ自己ベストの更新には拘らないで
健康維持のためだけのランニングに切り替えようか
どうしようかなー

DSC_0676

こんなに晴れていても
2年連続で強風の中のレースだった

DSC_0677

来年は曇っていても良いから
風が弱いレースになることを今から祈ろうと思う

ということはやっぱりまだまだ自己ベストの更新を
目指すことになるということか。。。


自己ベスト
10km 0:41:15(2019年)
1/3(14km) 1:00:35(2019年)
ハーフ(21km) 1:30:37(2019年)
30km 2:19:30(2019年)
フル(42km) 3:13:11(2019年)
100km 12:39:06(2016年)
総走行距離③(km)
2021年 2020年 2019年
1月 0 0 392
2月 0 0 303
3月 0 0 276
4月 0 0 232
5月 0 0 202
6月 0 0 233
7月 0 0 238
8月 0 0 280
9月 0 0 0
10月 0 0 0
11月 0 0 0
12月 0 0 0
合計 0 0 2156
総走行距離②(km)
2018年 2017年 2016年
1月 314 72 54
2月 450 91 251
3月 500 178 208
4月 553 111 128
5月 331 160 115
6月 257 138 184
7月 243 171 137
8月 149 61 142
9月 276 155 39
10月 137 104 139
11月 76 127 66
12月 337 33 89
合計 3623 1401 1552
総走行距離①(km)
2015年 2014年 2013年
1月 416 128 231
2月 301 33 191
3月 204 95 222
4月 103 136 228
5月 105 411 130
6月 203 329 357
7月 41 206 264
8月 108 78 57
9月 22 100 121
10月 33 116 154
11月 0 207 287
12月 21 391 163
合計 1557 2231 2405
ギャラリー
  • 防寒対策に失敗しても自己ベストの更新に成功
  • 防寒対策に失敗しても自己ベストの更新に成功
  • 4分30秒のペースでなんて走れるのかな?
  • ポケ活しているどころの話じゃないのになぁー。。。
  • ポケ活しているどころの話じゃないのになぁー。。。
  • 考え事しながら走っていたら25kmに到達
  • ハーフマラソンには出られずフルマラソンへ
  • ようやく自己ベストを12分更新してやった
  • 天候は神頼みするしかないよねー